旅とか体験とかをレビューしてシェアするのが好きなレビュアーのブログです。「お金系のお得ネタ」を色々と攻略するのも好きでたまに紹介。

ミハナログ-旅とか体験とかガチレビュー

おすすめ記事 ・節約 ・クレジットカード ●お金

アメックスのポイントでJAL&ANA国内線に乗りたい人が知っておくべき節約術

投稿日:2018年3月27日 更新日:

 

アメックスのポイントで飛行機代を節約

「夫婦で旅行に行きたいけど飛行機代が高いから今回はやめておこう……。」
「実家に帰りたいけど田舎は往復70,000円するから……ちょっと……。」

”飛行機がもっと安かったら……”そうやって思うことってありますよね?

こんにちは、ミハナ リョウイチです。

旅行だったり帰省だったりで、飛行機を利用したいのに金額がネックになって予定を変更したり諦めたりって寂しいですよね。特に国内線は実家への帰省などで、年に数回、飛行機を利用したい人は多いハズ。

だからこそ陸マイラーになって、

「特典航空券をクレジットカードのポイントで手に入れて飛行機代を無料(タダ)にしたい!!!」

これは誰もが思もに共通する考えです。そのために必要なのがマイル!

カエル君
マイルを貯めるのには「アメックス」が有効って聞いたことがあるんだけど?

そう。
アメックスは数あるクレジットカードのなかで、トップレベルに飛行機を無料(タダ)で乗るのに有効なクレジットカードなんです。

ハッキリ言って、マイルを利用して特典航空券で国内線に乗るなら「ANAカード」や「JALカード」より「アメックス」のほうがオトクでオススメしたいです。


なぜアメックスがオトクなのか?

具体的には、

・アメックスのポイントでブリティッシュ・エアウェイズの特典航空券を取りJALに乗る
・アメックスのポイントでユナイテッド航空の特典航空券を取りANAに乗る

これが2018年時点で、一番オトクに国内線のJALとANAに乗る方法になります。

ピンときますか?・・・聞き慣れない名前がでてきました。

カエル君
ブリティッシュ・エアウェイズ?
ユナイテッド航空?

なにそれ? 俺はANAやJALで国内線に乗るために、ポイントを貯めて特典航空券で無料(タダ)で飛行機に乗りたいんだけど……。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、ユナイテッド航空(UA)といっても「何ソレ……?」ってなる人もいると思いますが、この2つはイギリスとアメリカのエアライン(航空会社)です。

ブリティッシュ・エアウェイズとJALは「ワンワールド」という同じエアライングループに所属しています。

ユナイテッド航空とANAは「スターアライアンス」という同じエアライングループに所属しています。

なので国内線を特典航空券で予約した場合、ブリティッシュエアウェイズではJALの飛行機を利用することになるし、ユナイテッド航空ではANAの飛行機を利用することになります。

特典航空券をマイルで取るにはクレジットカードのポイントが必要です。クレジットカードのポイントをブリティッシュ・エアウェイズとユナイテッド航空のどちらにでも交換できるのがアメックスなんです。

JALやANAのマイルを貯めるより、ブリティッシュ・エアウェイズやユナイテッド航空のマイルをアメックスのポイントで手に入れたほうがよっぽどオトクなんです。

そこで、今回の記事では、アメックスを使ってオトクに特典航空券でJALもしくANAに乗る具体的な方法をお教えします。

今回の記事が、少しでも金銭的にオトク飛行機に乗って国内旅行に行きたい人や実家に帰省したい人の参考になればうれしいです。

陸マイラー目線で書きます。

なので保険とかのマイルに関係ない話は今回は割愛します。

ではまいります!

アメックスのポイントに関する知識を把握しよう

さっそく解説していきたいのですが、基本として理解してほしいのが「アメックスのポイントシステム」です。

カエル君
ポイントシステムってややこしいんだよな・・・
管理人
大丈夫。アメックスはシンプルで簡単。

アメックスでポイントを貯めるにはショッピングに利用することで貯まるのですが、その還元率が・・・

・100円で1P(1%)

理解してほしいのはこれだけです。

今回の記事では「アメックス・グリーン」を前提に紹介しているのですが、「アメックスゴールド」でも同じように”100円で1P”です。

管理人
これが理解できれば後は、貯めたアメックスのポイントをマイルに交換する交換率と国内線で利用する必要マイル数を理解すればOKです。

アメックスのポイントをマイルに交換する交換率

アメックスは世界15社のエアラインのマイルとポイントを交換することができます。

今回の記事では国内線に限定して特典航空券でオトクにポイントで乗る方法を開設しているので、ブリテッシュ・エアウェイズとユナイテッド航空を取り上げていますが、海外旅行であれば他のエアラインのマイルに交換するのも有効だったりします。

まずは下の表で各エアラインごとのアメックスのポイントとマイルの交換率を理解してください。

アメックスのポイントで交換できるエアラインと交換率
エアライン名 交換率(ポイント:マイル)
ANA 1:1
チェイナエアライン 1:0.8
デルタ航空 1:0.8
ヴァージンアトランティック航空 1:0.8
タイ国際航空 1:0.8
キャセイパシフィック航空 1:0.8
シンガポール航空 1:0.8
ブリテッシュエアウェイズ航空 1:0.8
スカンジナビア航空 1:0.8
アリタリア イタリア航空 1:0.8
フィンランド航空 1:0.8
エティハド航空 1:0.8
エミレーツ航空 1:0.8
カタール航空 1:0.8
エールフランス/KLM航空 1:0.8

アメックスのポイントを交換する場合、ANAへの交換だけ「1:1」であとは「アメックス1Pに対してマイルが0.8マイル」という交換率になります。

カエル君
それならANAに乗る場合は直接ANAの特典航空券を取ったほうがオトクなんじゃないの?
管理人
それがそうでもない!

下の章で解説する「国内線で特典航空券を利用する際の必要マイル数」を読んでくれればわかりますが、アメックスとANAのポイントとマイルの交換率が「1:1」だとしても、特典航空券で国内線に乗るのであればユナイテッド航空のマイルに「1:0.8」の割合で交換したほうがオトクなんです。

カエル君
アメックスのポイントをJALのポイントに交換することはできないのか。
管理人
そう。
アメックスはJALのマイルに交換することはできない。

しかし、

この記事で紹介しているように「ブリテッシュ・エアウェイズのマイルに交換してJALに乗る」というのがオトクな方法で、アメックスのポイントを「1:0.8」のポイント交換率で交換するほうがJALで直接マイルを貯めるより有効なんですよー。

こちらの理由も、下の章で解説する「国内線で特典航空券を利用する際の必要マイル数」を読んでくれれば理解できます。

では下の章にいきまーす。

※今回の記事では紹介していませんが、SPGアメックスであればポイントを世界35社のエアラインのマイルと交換することができます。同じアメックスでもSPGアメックスは別格なんです。

その分年会費も高いので使い方に左右されるところはありますが。

国内線で特典航空券を利用する際の必要マイル数

ブリテッシュ・エアウェイズ(BA)・ユナイテッド航空(UA)・日本航空(JAL)・全日空(ANA)の国内線の必要マイル数を比較してみたいと思います。

片道(往復)で比較します!

路線ごとの特典航空券の必要マイル数
路線 BA UA JAL ANA
東京~札幌 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
大阪~札幌 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
東京~秋田 4,500(9,000) 5,000(10,000) 6,000(12,000) L5,000(10,000)R6,000(12,000)H7,500(15,000)
東京~名古屋 4,500(9,000) 5,000(10,000) 6,000(12,000) L5,000(10,000)R6,000(12,000)H7,500(15,000)
名古屋~札幌 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
東京~広島 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
東京~松山 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
東京~福岡 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
大阪~沖縄 4,500(9,000) 5,000(10,000) 7,500(15,000) L6,000(12,000)R7,500(15,000)H9,000(18,000)
東京~沖縄 7,500(15,000) 8,000(16,000) 7,500(15,000) L7,000(14,000)R9,000(18,000)H10,500(21,000)

ブリテッシュ・エアウェイズ(BA)・ユナイテッド航空(UA)が圧倒的にマイルがオトクなのがわかると思います。

国内ほとんどの路線がBAであれば片道4,500マイル、UAであれば5,000マイルはJAL、ANAに比べて有利すぎます。知っている人だけが利用できるのですが……知らない人がすごーーーく多いのが現実です。

特典航空券分のマイルに変えるために必要なアメックスでのショッピング額

アメックスのポイントを、ブリテッシュエアウェイズ&ユナイテッド航空のマイルに変えるために必要なショッピング額を紹介します。

カエル君
片道ではなく往復分に必要なショッピング額を教えてほしい!

ほとんどの人は飛行機に乗るときは往復での利用だと思うので、往復分で算出しました。

ブリテッシュ・エアウェイズ 1,125,000円
ユナイテッド航空 1,250,000円

どうですか? 以外とハードルは高くないと思います。

日常の支払いをアメックスに集中させて支払いをすれば、年間で1,100,000円~1,250,000円の支払いはそんなにムズカシイことではありません。

ちなみに1年間で貯めなくても、2年間で貯めても3年間で貯めてもOKです。これならさらに、ハードルが下がりますよね。

カエル君
100万円ちょっとの利用で実家への帰省分往復をマイルでイケるのか!
アツいぜ!
管理人
だよねー。

どういう流れで予約するのか?

【ブリテッシュ・エアウェイズの場合】
1、アメックスをショッピングで使ってポイントを貯める(入会特典のポイントでもOK)
2、ブリティッシュ・エアウェイズの公式HPで会員登録
3、貯まったアメックスのポイントをブリティッシュ・エアウェイズの公式HPでマイルに交換する
4、ブリティッシュ・エアウェイズのHPで特典航空券の予約をする
(国内線であれば自動的にJALの便を予約することになる)
5、座席指定の設定をする(電話もしくはweb)
6、e-チケットをコピーして当日JALに搭乗する

実際にやってみると、「えっ、これだけ……。普通のwebでの予約と何も変わらないじゃん!」という感想になると思います。カンタンです。

カエル君
イギリスのエアラインのHPで会員登録? マイルに交換? 特典航空券の予約?
英語がわからん……。
管理人
大丈夫、日本語!!ハッキリ言って簡単!

実際にブリティッシュ・エアウェイズの公式HPをみたらわかりますが、普通に日本語のwebサイトなので、使いにくいということもなく、サクサクと登録と予約ができます。

【ユナイテッド航空の場合】
1、アメックスをショッピングで使ってポイントを貯める(入会特典のポイントでもOK)
2、ユナイテッド航空の公式HPで会員登録
3、貯まったアメックスのポイントをユナイテッド航空の公式HPでマイルに交換する
4、ユナイテッド航空のHPで特典航空券の予約をする
(国内線であれば自動的にANAの便を予約することになる)
5、座席指定の設定をする(電話もしくはweb)
6、e-チケットをコピーして当日ANAに搭乗する

ユナイテッド航空を利用して「アメックスのポイント → UAのマイル → UAの特典航空券を予約」とする場合も、上で紹介したブリテッシュ・エアウェイズとまったく同じ流れです。

カエル君
こっちも英語じゃなくて日本語でOKなの?
管理人
日本語でOK! こっちも簡単に登録できるし特典航空券の予約ができる。
ビビる必要なし!

アメックスを利用するメリット

マイル目線でみたときのメリットを紹介します。

年会費が安い

クレジットカード的には、アメックスよりもSPGアメックスのほうが、すごーーーく交換率がいいしオトクなのですが、年会費が31,000円です。

今回の記事で紹介しているアメックス・グリーンは12,000円(税抜)です。

貯めたポイントを、ブリテッシュ・エアウェイズとユナイテッド航空のマイルに交換できるクレジットカードのなかで一番年会費が安いのがアメックス・グリーンです。(それでも12,000円ですが……。)

年会費初年度無料

アメックスは年会費が初年度無料なのがメリットです。

初年度から年会費が必要になります。

アメックス・グリーンであればゆっくりポイントを貯めても年会費の持ち出しをすることがないの(2年あれば、さすがにポイントは貯まるでしょう)で気持ち的にラクです。

アメックスを利用するデメリット

マイル目線でみたときのデメリットを紹介します。

SPGアメックスより交換率が悪い

SPGアメックスは陸マイラー最強のクレジットカードなんですが、ポイントとマイルの交換率が1:1です。
それと比べるとアメックス(グリーン)の1:0.8は交換率が悪いです。

※ANAの場合は手数料を8,000円払うことで1:1になりますが……。

マイルに交換するときに手数料が必要

アメックスはポイントからマイルに交換するときに交換手数料が必要になります。(手数料を払わなくてもいいちゃいいのですが、その場合交換率が80%ではなくて、50%になります……。

手数料は交換する年のみでいいのですが、それでももったいないですよね。(ちなみにSPGアメックスであれば交換手数料は無料です。)

ANAマイルに交換するときに制限が多い

アメックスのポイントをANAのマイルに交換するときは1:1と交換率はいいのですが、次の点がデメリットになります。

・交換手数料が必要(8,000円/年)
・一度でも交換すると自動更新で年8,000円が請求される
・ポイントからマイルへの移行は年間80,000マイルまで

アメックスのポイントはユナイテッド航空のマイルに交換して、特典航空券でANAに乗るのが一番オトクなのでANAのマイルに交換する必要はないのですが、それでもANAのマイルに交換したい人がいるかもしれません。

年会費とは別に年間8,000円の手数料を払わないと、ポイントとマイルを1:1で交換できないので大きな負担となりデメリットといえます。

アメックスのスペック

アメックスのスペックを紹介しておきます。

・年会費:12,000円(税抜)(初年度無料)

・ポイントの有効期限:3年(条件をみたすと有効期限なし)
※条件
1、ポイントを1回以上アイテムと交換する(マイルOK)
2、メンバーシップ・リワード・プラスに加入する(マイルを80%の交換率で交換するための3,000円の手数料のこと)

・最高5,000万円の海外旅行保険
・ETC無料

アメックスでポイントを貯めるときに気をつけたいこと

下の2つのことに関しては注意してポイントを貯めてください。

・電気・ガス・水道は200円で1ポイント
・ポイントが全くつかない加盟店も一部あり

公共料金の支払いにクレジットカードを設定するのは定番ですが、アメックスの場合は200円で1ポイントと0.5%還元になってしまいます。

さらにポイントがつかない加盟店がこちら、

●放送局 
・NHK

●電子マネー
・ 楽天Edy
・ モバイルSuica
・ SMART ICOCA

●その他
・ UNICEF

上記の支払いはポイントが貯まりませんので注意してください。

まとめ

アメックスはすごーーーく陸マイラーに優しいクレジットカードです。

とくに地方に住んでいる人は飛行機代の問題は、節約するためにすごく、すごく大きな問題です。

管理人
地方だと片道35,000円とかザラだから……。
カエル君
マジか……。

年間で1,100,000円〜1,250,000円利用することで、ポイントのみの「無料」で飛行機に乗れるってすごくないですか? (往復で!)

アメックスはJALであれ、ANAであれ都合のいいほうに特典航空券で乗ることができるので、これほど金銭的に助かることはありません。早くカードを作ってポイントを貯めましょう。必ず節約できて満足します。早く!!!

【特典情報】
今なら入会して半年で、30万円以上の利用で18,000ポイントが特典としてつきます。18,000ポイントあれば国内線あれば、どこでも1往復できますよ!

>> アメックス・グリーン を申込む

スポンサーリンク

スポンサーリンク



オススメ記事

SPGアメックスを使ってみた感想 1

  カエル君「SPGアメックスのレビューを知りたい。旅系最強のクレジットカードって聞いたけど、どうなの? このカードを持ったらどうなるの? 利用者の口コミを知りたいな。」 こういう疑問に答えたいと思い ...

SPGアメックス、申し込みの不安を解決 2

  カエル君「SPGアメックスを申し込もうと考えているのだけど、少し不安があって解消したい……。年会費が高いクレジットカードだし失敗したくない……。誰か不安な点を解消したいから色々教えてくれないかな? ...

-おすすめ記事, ・節約, ・クレジットカード, ●お金

Copyright© ミハナログ-旅とか体験とかガチレビュー , 2018 All Rights Reserved.