SPGアメックス

SPGアメックスをApple Payに登録してQUIC Payを使う【マイルを貯めたい】

更新日:

Apple PayにSPGアメックスを追加でマイル貯める

カエル君
「SPGアメックスをApple Payに登録して、QUICPayを利用したらマイルが貯まるって聞いた。登録方法とQUICPayの使い方を教えてほしい。」

こういう声に参考になる記事を用意しました。
 

今回の記事を読むと、『SPGアメックスをApple Payに登録手順』と『QUIC Payの使い方』が理解できますよ。

私はSPGアメックスの大ファン。

おそらく上級者レベルで使いこなしています。

最初にいっておくと、陸マイラーがSPGアメックスをApple Payに登録していないならもったいないです……。

なぜなら、マリオットポイントがサクサク貯まるから……。しかもマリオットポイントは、JALのマイルにもANAのマイルにも手数料無料で交換可能。(アツい)

この記事を読んでSPGアメックスをApple Payに登録してQUICPayを利用しましょう。

管理人
毎日の買い物で使うとバカにならない勢いでマリオットポイントが貯まります。
★SPGアメックスを申し込む時に失敗しないための知識はこちら★
【まとめ】SPGアメックスに申し込む人が失敗しないために知っておきたい11の知識

SPGアメックスをApple Pay(アップルペイ)に登録してQUIC Pay(QUIC Pay)を使う

SPGアメックスをApple Payに登録して使う際の基礎知識

SPGアメックスをApple Payに登録した場合は、QUICPayを電子マネーとして利用することになります。

少しわかりにくいかもしれませんが、日本の決済システムは『Apple Pay』として決済することができません。

Apple Payに対応しているのは3種類の電子マネーになります。

・Suica
・iD
・QUICPay

なので、支払いをする際は、「QUICPayで支払います。」と伝えることになります。

SPGアメックスをApple Payに登録する手順6ステップ

Apple PayにSPGアメックスを登録するに方法を解説していきます。

まずは、iPhoneとSPGアメックスを用意しましょう。

カエル君
難しい?
管理人
ハッキリ言って簡単。

手順(1):「Wallet」アプリ右上の『+』をタップ

iPhoneに最初からインストールされている「Wallet」をタップします。

最初の画面で「カードを追加」もしくは右上の「+」をタップ。

手順(2):『続ける』タップ

「続ける」をタップ。

手順(3):『クレジット/プリペイドカード』をタップ

「クレジット/プリペイドカード」をタップします。

このあたりはサクサク進んでいくので簡単です。

手順(4):SPGアメックスを読み込む

用意したSPGアメックスを読み込ませましょう。簡単に読み込みます。

手順(5):規定を確認する

規定を確認して「同意する」をタップ。

手順(6):SPGアメックスを認証させて登録を完了させる

登録したSPGアメックスを認証させる必要があります。「次へ」をタップしましょう。するとSMSもしくは、メールアドレスにメールが届くのでそこに記載されているパスコードを入力します。

(パスコード入力画面をスクショし忘れた……。スミマセン。)

完了。

コンビニなどで決済するときに、リーダーの上にiPhoneをおけば、Apple Payが反応して上記の画面になるので、TouchID(もしくは暗証番号)で決済します。

管理人
以上で設定は終わり。お疲れ様でした。

QUIC Payの使い方3ステップ

QUIC Payの使い方は下記3ステップです。

  1. QUICPayで支払うことを告げる
  2. レジのリーダーにiPhoneをかざす
  3. 『指紋認証』もしくは『暗証番号』を入力
カエル君
これならオレでもできる。
管理人
簡単だよね。

QUICPayのキャンペーン情報

QUICPayは定期的にキャッシュバックなどのキャンペーンをやっています。

一つひとつのキャンペーンは短期間のものが多いですが、お得なことは間違いないのでチェックしてみてください。

>>QUIC Payのキャンペーン情報はこちら

QUIC Payのメリット

QUIC Payの最大のメリットは「チャージの必要がない」ことです。

これ、すごーーーくラクなんです。やめられない。楽天Edyとかも指定のコンビニであれば自動チャージしてくれるけど、QUICPayの場合はチャージそのものがない。

なので残高を気にする必要がないんです。

Suicaとかだと買い物をしている時に、残高不足で「ぴー、ぴー、ぴー」って鳴って恥ずかしくなったりすることがありますが、QUIC Payはクレジットカードの残高があるかぎり、チャージの必要がありません。

カエル君
チャージなしはマジ神!

QUIC Payを使う時の注意点2つ

下記の2つです。

  • 決済の上限は1回2万円まで
  • 他のクレカを登録していた場合は貯まるポイントが変わる
カエル君
なるほど。
管理人
それぞれ解説するよ。

注意点(1):決済の上限は1回2万円まで

QUIC Payでの決済は、1回につき2万円が上限です。

なので2万円を超える支払いの場合は使用できません。

もし2万円を超える場合は、現金かクレジットカードで決済しましょう。

注意点(2):他のクレカを登録していた場合は貯まるポイントが変わる

今まで他のクレカを登録してQUICPayを使っていた人は、Apple PayにSPGアメックスを登録することで貯まるポイントが変更されます。

たとえば、ソラチカカード(JCB)がを登録して使用していた場合は、QUICPayを利用することでソラチカカードのokidokiポイントとマイルが貯まっていました。

しかし、SPGアメックスを通してQUICPayを利用するとマリオットのポイントが貯まることになります。

【検証】QUIC Payを昼食で1年使うとマイルが1,440マイル貯まる

昼食は毎日外食の人も多いハズ。そんな昼食がQUIC Payで払えるようになれば、ポイントがサクサクと貯まっていきますよー。

QUIC Payを昼食を食べるお店で使うと1,440マイル貯まる計算です。

QUICPayが使えるお店例

・コンビニ
・マクドナルド
・すき屋
・はなまるうどん
・ココイチ
・ガスト
・海鮮三崎港
・コメダコーヒー

少しシミレーションしてみます。

●シミュレーション
・1日600円×20日×12ヶ月=144,000円
・144,000円=4,320ポイント
・4,320ポイント=1,440マイル(JAL/ANA)

いかがですか?

昼食をQUIC Payで支払うようにするのはあくまでも一例ですが、1年というスパンでみれば意外にサクサクとポイントが貯まると思えませんか?

管理人
何気なく使っていた昼食代で1,440マイル貯まるってマイラーからすると絶対押さえたいポイントです。

SPGアメックスをApple Payに登録してQUICPayを使うのまとめ

というわけで、「SPGアメックスをApple Payに登録してQUICPayを使う【マイルを貯めたい】」を書いてきました。

この記事で解説した、

・SPGアメックスをApple Payに登録する手順6ステップ
・QUICPayの使い方3ステップ

を理解・実践してもらうと、マリオットのポイントが貯まるので、JALマイルにもANAマイルにも交換できますよ。

やるべきことは下記の3つだけ。

1、iPhoneを用意する
2、SPGアメックスをApple Payに登録する
3、QUIC Payが利用できる店舗で「QUIC Payで支払いをします。」と伝えて決済

これだけで、普段の買い物でSPGのポイントが貯まります。現金いらずで決済できてすごーーーく便利。

マイラーたるもの、ポイント獲得のチャンスを逃してはもったいないですよ。

それではー。

管理人
マイルを貯めて家族で旅を楽しみましょう。(頼むぅぅぅ)

人気記事
SPGアメックスをレビューする!【デメリットも含めて正直に解説】

人気記事
【2020年版】SPGアメックスを紹介で申し込む手順3ステップ【1番お得です】

人気記事
【比較】SPGアメックスとヒルトンオナーズVISAゴールド!ホテルライフが快適になるのはどっち?

スポンサーリンク
関連記事も多く読まれています!

-SPGアメックス

Copyright© ミハナログ , 2020 All Rights Reserved.