旅とか体験とかをレビューしてシェアするのが好きなレビュアーのブログです。「お金系のお得ネタ」を色々と攻略するのも好きでたまに紹介。

ミハナログ-旅とか体験とかガチレビュー

●旅行 ・お城

千葉県の佐倉城に行ってきた!見どころや把握しておきたい情報まとめ!【体験記】

投稿日:2018年4月4日 更新日:

 

「千葉県の佐倉城に行くんだけど、見どころってどこなんだろう?」
って、思うことはないですか?

千葉県で日本100名城に選ばれているのが佐倉城です。

佐倉城は天守がなく、どちらかと目立つ歴史的建造物もありません。パッとみが「広い公園」です。

管理人
そりゃ、佐倉城は「佐倉城址公園」という名前で整備されているんだから「パッとみ」が公園にみえるのは当然です(笑)。

なので城っぽくないため、事前に佐倉城の情報をアタマに入れておかないと、楽しめません……。

今回の記事では、実際に佐倉城に行ってみて、「事前に把握しておきたいこと」「佐倉城の見どころ」「管理人のやらかした失敗談」を紹介します。

これから佐倉城に行く人必見ですよー。

佐倉城に行く事前に把握しておきたいこと

まずは佐倉城に行くまえに、把握しておいたほうがいいことを紹介します。

・佐倉城の歴史
・最寄り駅から佐倉城までのアクセス
・見学可能時間と見学料金
・スタンプラリーの場所
・佐倉城に天守や門はない

それでは解説していきますねー。

佐倉城の歴史

1611年に徳川家康の指示で土井利勝が築城したお城。1616年ごろに完成したとされる。
徳川幕府の東の守りの要として建てられた。
土井利勝は徳川家康の母方の従兄弟で、徳川秀忠・徳川家光時代の老中。(最高権力者)
石垣を用いない平山城で、印旛沼を外堀の一部としていた。
別名は鹿島城。

明治の時代には佐倉連隊といわれる陸軍が置かれていた。
昭和37年に市の史跡として登録され、佐倉城址公園として市が管理している。

最寄り駅から佐倉城までのアクセス

佐倉城の最寄り駅は、

・JR佐倉駅
駅から徒歩だと30分~40分
※駅からのバス:駅北口  田町車庫行き

・京成佐倉駅
佐倉城に近いのは京成佐倉駅ですが、それでも徒歩だと20分~30分くらいかかります。
※駅からのバス:駅南口、ちばグリーンバス田町車庫行き

の2つです。


●JR佐倉駅から実際に佐倉城までバスで行ってみた

JR佐倉駅でおりて北口にあるバス停に向かいます。

バス停は北口をでた目の前なので迷うことはないでしょう。1番乗り場の「田町車庫行き」に乗ります。

県立博物館入口で下車して歩きます。

距離的には10分ほど。早歩きなら5,6分でしょうが、坂のため10分くらいはみておくほうがいいかと。

到着。

見学可能時間と見学料金

・見学可能時間:24時間OK
・見学料金:無料

カエル君
ネットを調べていると「9:00~17:00」って書いているけど?
管理人
多分だけど、9:00~17:00というのは「佐倉城址公園管理センター」のことだと思う。

佐倉城自体は24時間入ることができます。夜もライトアップされていたりします。

が、しかし、基本的に夜は真っ暗になって危ないので、明るい時間に行くのが普通です。

スタンプラリーの場所

佐倉城址公園管理センターにスタンプがあります。佐倉東高校西隣です。広い駐車場もここにあります。

佐倉城址公園管理センターの真横に広い駐車場もあります。無料です。

管理人
スタンプは24時間押すことができますよー。

●佐倉城址公園管理センターの開いている時間
・4~10月 午前9時~午後5時   
・11~3月 午前9時~午後4時30分

佐倉城に天守はない、城跡として楽しむ場所

「城といえば天守」と思っている人も多いと思いますが、佐倉城に天守はありません……。

天守どころか、門もないし、石垣もないです。

カエル君
えーーー、じゃぁ何があるの?
管理人
土塁とか空堀とかかな。
天守跡もあるし、門跡もあるけど、今は公園として整備されているから城跡として楽しむ場所だね。

天守が好きな人には向きません。が、しかし、城跡として多くの人に支持されていて案外のんびりしていて和みます(笑)。

佐倉城の見どころを紹介

城跡として楽しむ佐倉城の見どころは……

・空堀
・土塁
・門
・天守跡
・広い広い広い城跡
・池
・12階段
・三逕亭(さんけいてい)

です。

他にも人によっては「◯◯がオススメだろ」とか「なんで◯◯が見どころとして紹介されていなんだ?」みたいな声もあるかもですが、私が実際に佐倉城をみての見どころを紹介します。

空堀

敵の侵入を防ぐ意味合いの空堀です。こういう、当時の名残をみることこそが城見物の楽しさです。門跡とかよりも、何倍も楽しい!(だって眼の前にあるのだから)

この画像は「馬出空堀」といって、侵入を防ぐと同時に、人馬の出入りを隠すためのもの。かなりキレイな状態なので佐倉城で一番の見どころといってもいいくらい。

三の丸の空堀、なかなか大きい。

草が生い茂っていてなんのこっちゃわからん……。

土塁

佐倉城でお城としての名残の一つが「土塁」です。敵が城に侵入してこないよう防御の役わりとともに、城のなかが見えないようにする役割の土塁。今の城跡となった佐倉城でもちゃんと残っています。

※愛媛県松山市の湯築城跡の土塁もなかなか見どころがあって楽しいですよー。

門跡

佐倉城の門があったところも紹介されたりしているのですが、何もないからまったく実感がわきません……(苦笑)。

どうですか? 画像をみても門があった場所と言われても「何もないし……。」としか思わなくないですか?

カエル君
でも見どころなのか?
管理人
一応、城をみるときに門跡は見どころだね……。

門跡より実際の門をみるほうがテンションが上がることはいうまでもありません。

天守跡

天守の跡地です……。ここも佐倉城の見どころと言われています。

カエル君
まったくわからん……。

広い広い城跡

佐倉城の跡地は公園として整備されているので、親子、カップルがお弁当を食べたり、キャッチボールをしたり、レジャーシートに座ってまったりしていたりと、のんびり時間が流れています。

この広い城跡にのんびりと座りながら、ボーーーっとしているとストレスとか感じなくなって、なかなかステキな時間をすごせます。

管理人
私が行った時期は春だったので、桜、桜、桜。
雰囲気最高ですよ。

佐倉城は桜の名所としても有名です。

のどかです。亀とかいるので、のんびり眺めるのもあり。

この池は昔、老婆が子供を間違って落としてしまって……アワワワとななってみたいな伝説が残っている池です。

12階段

第二次世界大戦のときに、階段から飛び降りる訓練用として作られたものです。戦争が終わっても残っている佐倉城の見どころの一つです

佐倉城の天守跡のところからは、かなり離れた場所にあるので、存在を知らないとみるのは難しいかも……。

私は迷って何回もグルグルと佐倉城を徘徊していたらたどり着いた(笑)

三逕亭(さんけいてい)

茶室です。

日曜、祝日は一般の人もお茶席に入ってお茶を楽しめます。

時間:10:00~15:30 
金額:400円

管理人のやらかした失敗エピソード

佐倉城からJR佐倉駅まで歩いて帰ろうとして失敗

佐倉城をじーーーっくり見て満足して、「さぁ帰ろう」と駅に向かうことに。気分がよかったので「歩いて佐倉駅まで向かうことに」しました。

バスで15分ほどの距離なので、30分〜40分ほど歩くことになるのですが……

歩いていて、住宅しか駅までない……。

佐倉市ならではの風景を楽しみに佐倉駅まで歩こうと思っていたのです。それこそ、田んぼだったり、千葉特有のお店だったり、千葉ならではの景色を期待したのですが、歩いても歩いても、ずーーーっとっ住宅街しかない……。

歩いていて楽しくなかった……。さっさとバスに乗って駅までいけばよかったと後悔です。

管理人
佐倉城から佐倉駅に移動するなら徒歩で移動しても楽しくないので、サクッとバスに乗って移動しましょう。

まとめ:のんびりとすごすことを前提で行くなら楽しめる

佐倉城は完全に跡地なので、お城巡りというよりは、のどかに散歩している感じが強いですが、のーーーんびりと歩くのはそれなりに楽しいですよ。

お城跡ですが、のどかな公園なので、レジャーシートを引いてお弁当でも食べてっていうのが楽しいです。

親子連れがすごく多いですよ。(あと、カップルも多かった)

佐倉城は心の平穏を感じたい人にはオススメかと。

 
最後に
※お城巡りをしたい人が持っておくと捗るアイテムを「お城巡りを始めるなら持っていたいおすすめアイテム【あると捗る!】」はコチラでまとめています。

対に絶対に絶対に自撮り棒があったほうが便利です。

※Amazonを利用するなら Amazonプライム に加入がオススメです。

それでは佐倉城を楽しんでくださいねー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



オススメ記事

SPGアメックスを使ってみた感想 1

  カエル君「SPGアメックスのレビューを知りたい。旅系最強のクレジットカードって聞いたけど、どうなの? このカードを持ったらどうなるの? 利用者の口コミを知りたいな。」 こういう疑問に答えたいと思い ...

SPGアメックス、申し込みの不安を解決 2

  カエル君「SPGアメックスを申し込もうと考えているのだけど、少し不安があって解消したい……。年会費が高いクレジットカードだし失敗したくない……。誰か不安な点を解消したいから色々教えてくれないかな? ...

-●旅行, ・お城

Copyright© ミハナログ-旅とか体験とかガチレビュー , 2018 All Rights Reserved.