ブログ運営術

Cocoon(コクーン)のアドセンスでわからないことを解決する件【ブログ収益を増やそう】

更新日:

Cocoon

カエル君
「Cocoonを利用して、アドセンスを貼りたいけどよくわからない……。どこに貼ったらいいの? どうやって貼るの? 管理方法は? とにかく、アドセンスに関することを全部教えてほしい。残業の代わりにブログで稼ぎたいんだーーー。」

こういう声に参考になる記事を用意しました。
 

今回の記事を読むことで、『これからブログを始める初心者の人が、Cocoonでアドセンスを利用する際のわからないこと』が理解できます。

なので、アドセンスでブログ収益化をすすめることができますよ。

合わせて、アドセンスの管理ツールや注意点も解説しますね。

私はブログ歴6年

アドセンス歴も6年でずーーーっと利用しています。

最初にいっておくと、ブログに慣れていないとアドセンスに関して、「うーーーん、よくわからん……。」と唸ってしまいます。

しかしアドセンスは、ある程度収益が上がる広告の貼り方が確立されているので、知っていればスムーズな運用が可能。

アドセンスのすべてを理解して、ブログ収益化に向けて進みましょう。

管理人
何をどうやればいいかわかるなら後は行動だけ。ラクですね。

※この記事は、『アドセンスの審査に合格 → アドセンスコードのコピペは出来る』という前提でお願いします。

有料WordPressテーマ『アフィンガー5』の貼り方をチェックする人はこちら

★月5万円稼ぐブログの始め方・作り方の解説記事をチェック★
【まとめ】月5万円稼ぐためのブログの始め方・作り方【脱会社依存したい人向け】

Cocoon(コクーン)のアドセンスでわからないことを解決する件

結論:Cocoonでアドセンスを貼るなら、5ヶ所に設定すればOK!

Cocoon

多くの場合で下記5ヶ所にアドセンスを貼るのが最適解であることが多いです。

【PCの場合】
・記事タイトルの上 → リンクユニットorレスポンシブ
・目次上 → レスポンシブ
・記事中 → レスポンシブ
・記事下 → レスポンシブ
・記事下 → 関連コンテンツ
 

【スマホの場合】
・記事タイトルの上 → リンクユニットorレスポンシブ
・目次上 → レスポンシブ
・記事中 → レスポンシブ
・記事下 → レスポンシブ
・記事下 → 関連コンテンツ

難しく考えるのが面倒くさい人は、上記をマネしてください。

※h2が文中に2ヶ所と仮定しています。

カエル君
このブログもそうなの?

管理人
基本は同じ。

よくある質問(1):PCの右上には貼らないのですか?

貼りません。

理由は簡単で、PC右上にアドセンスを貼っても今はクリックされないから……。

参考画像を下記に貼っておくので、場所を確認してください。

Cocoon

PCでブログを読む人が多いなら、『Z』の法則や『F』の法則があるので有効ですが、スマホ全盛期の今はあまり意味がありません……。

管理人
他のブロガーも貼っている人は減りましたね。

よくある質問(1):記事下はダブルレクタングルが有効だと聞くのですが?

どちらが効果が大きいかはブログによって違います。

私のブログも昔はダブルレクタングルにしていて、それなりにクリックされていましたが、今はレスポンシブが有効です。

他のブログをみても、ダブルレクタングルに設定している人は減っている印象です。

管理人
ABテストをして確かめるのが1番正確ですね。

Cocoonでアドセンスを貼る設定方法は3つ覚えればOK

Cocoon

アドセンスの貼り方・設定方法は、WordPressテーマによってやり方が違います。

Cocoonの場合は下記3つの方法を覚えればOK。

  • タイトル下への貼り方
  • 見出し上への貼り方
  • 記事下への貼り方

カエル君
難しい?

管理人
大丈夫。

方法(1):タイトル下へのアドセンスの貼り方

Cocoon

タイトル下に貼る手順

  • 外観 → ウィジェット → 投稿タイトル下

リンクユニット広告のコードを『カスタムHTML』に貼り付ければOK。

↓【完成イメージは下記】↓
Cocoon

レスポンシブ派の人もいます

記事タイトル下は、リンクユニット派とレスポンシブ派にわかれる場所です。

どちらが効果が大きいか月単位でテストをして比較しましょう。

方法(2):見出し上へのアドセンスの貼り方

Cocoon

見出し上へ貼る手順

  • Cocoon 設定 → Cocoon 設定 → 広告

h2の手前全部にレスポンシブ広告を設定する手順になります。

『外観 → ウィジェット → 投稿本文中』にコードを貼り付ける形でも設定できますが、1番最初のh2にしかアドセンスを貼れないので、『Cocoon 設定 → Cocoon 設定 → 広告』から設定した方が簡単。

注意点としては、1つ目のh2も2つ目のh2も同じアドセンスコードなので、どちらのアドセンスがクリックされたか、分析ができないことは理解しておきましょう。

分析をしたいなら、他の方法になりますが最初は少し技術的にレベルが高いので割愛。

管理人
ブログ運営に慣れてから、設定を変更して細かい分析をすればいいと思います。

方法(3):記事下へのアドセンスの貼り方

Cocoon

タイトル下に貼る手順

  • 外観 → ウィジェット → 投稿本文下

記事下に表示する『レクタングル広告』を貼り付けましょう。

ある程度、ブログのPV数が増えてきて『関連コンテンツ』が貼れるようになった場合、『外観 → ウィジェット → 投稿本文下』にレクタングルと2つ並べて設定すればOK。

管理人
簡単、簡単。

関連コンテンツがブログに貼れるかチェックする手順

Cocoon

関連コンテンツが貼れるかチェックする手順

  • サイト → 関連コンテンツ

Google AdSenseにアクセスして、確認しましょう。

「関連コンテンツの開放基準は……?」って思うかもしれませんが、Google神が一方的に決めるので、明確な基準や規定はありません。

ある程度、記事数とPV数が必要といわれています。

管理人
『ある程度』ってどのくらいやねん……って思いますよね。

アドセンスを貼りたくない記事へのCocoon設定方法

Cocoon

記事投稿画面の右下にある『広告設定』から1クリックで設定可能。

1秒で完了します。

(記事下のアドセンスは表示されますよ。)

管理人
無料WordPressテーマなのに、簡単に設定できてすごい。

備考:キラーページ(収益記事)にはアドセンスは貼らない方がいい

アドセンスを貼る場所は、アフィリエイトリンクを貼る場所にも適しています。

収益化のためにも、アドセンス広告ではなくアフィリエイトリンクを貼りましょう。

カエル君
両方貼るのはダメ?

管理人
絶対ダメじゃないけど収益性は落ちることが多いよ。

アドセンスが表示されない場合に試してほしいこと3つ

Cocoon

「きちんと設定をしているはずなのに、アドセンスが表示されないじゃねーかーーー。」っていう場合は、下記3つを実践してみてください。

  • キャッシュの削除
  • リロード
  • スマホで表示されているか確認

カエル君
きちんと設定しているのに表示されないとかあるの?

管理人
ある……。

試す(1):キャッシュの削除

キャッシュの削除手順

  • Cocoon 設定 → キャッシュ削除 → 全てのキャッシュの削除

ブログに設定したはずの表示がされない場合の基本中の基本の方法。

多くの場合は、キャッシュを削除して、後述するリロードをすればきちんと表示されます。

試す(2):リロード

リロード手順

  • Windows → F5
  • Mac → Command + R

これも基本。

試す(3):スマホで表示されているか確認

PCでアドセンスが表示されないケースは、スマホで表示されているか確認しましょう。

私は、PCのレスポンシブ広告がどうしても表示されず困りはてたときに、『スマホで表示されていること』を確認した後に、PCを確認したら表示されるようになりました。

たまたまかもしれませんが、実際に体験した現象なので記載しておきます。

管理人
レクタングル広告や、リンクユニット広告は表示されたのに、レスポンシブだけ表示されなかったときに上手くいった方法です。

Cocoonでアドセンス広告を利用する際の注意点4つ

Cocoon

知っておきたいアドセンスに関する注意点は下記4つです。

  • アドセンスコードを『auto』→『rectangle』に変更する
  • ブログによって広告の最適な位置は違うことを理解する
  • 自分でアドセンス広告をクリックしてはダメ
  • アドセンスは収益が安定しない

カエル君
がんばって理解しないと。

管理人
一つひとつはそれほど難しくないから大丈夫だよ。

注意点(1):アドセンスコードを『auto』→『rectangle』に変更する

レスポンシブのアドセンスコードを『auto』→『rectangle』に変更しましょう。

なぜなら、広告サイズが大きい方が収益が大きくなるから。

やり方は簡単でアドセンスコードを書き換えるだけ。

コピペでOK

  • 変更前 → data-ad-format="auto"
  • 変更後 → data-ad-format="rectangle"

アドセンスの規約違反とかもないので安心して実行しましょう。

管理人
アドセンスをする場合の定番の方法です。

注意点(2):ブログによって広告の最適な位置は違うことを理解する

この記事で解説しているアドセンスを貼る位置より、効果の高い位置があるケースもあります。

あくまでも今回の記事で解説してる、アドセンスを貼る位置は一般的な最適解です。

ブログによってテストをした方が、より収益性の高い広告位置を探すことができますよ。

管理人
それほど変わらないとは思うけど……。

注意点(3):自分でアドセンス広告をクリックしてはダメ

自分でクリックすると、最悪の場合『BAN』されます。

知人とか家族にアドセンスをクリックしてもらうのもやめましょう。

管理人
ダメ、絶対。

注意点(4):アドセンスは収益が安定しない

アドセンスはかなり単価がブレます……。

2020年になってから、日によってクリック単価が全然バラバラになりました。

まーーーったく、収益が安定しません。

管理人
個人的には、アドセンスよりアフィリエイトに軸足を移すことにしています。

アドセンスの管理を便利にする無料神ツール2つ

Cocoon

アドセンス広告の管理を便利にするツールは下記2つ。

  • AdSense(アドセンスデータ管理アプリ)
  • Googleアナリティクス(アドセンスがクリックされた記事がわかる)

カエル君
無料はうれしい。

管理人
有料級のツールだよ。

(1):AdSense(アドセンスデータ管理アプリ)

収益・クリック単価・クリック数など1画面で欲しいデータが確認できます。

Cocoon

神アプリ。

便利すぎて手放せないです。

カエル君
見本の画像……クリック単価4円って酷いな……。(笑)
Google AdSense

Google AdSense

Google LLC無料posted withアプリーチ

(2):Googleアナリティクス(アドセンスがクリックされた記事がわかる)

収益もクリックされた記事もわかるので、分析に役立ちます。

アドセンスがクリックされた記事がわかれば、横展開で同じような記事を作成して、収益を伸ばすことが可能になります。

クリックされた記事をチェックする手順

  • 行動 → サイト運営者 → サイト運営者のページ

何回もクリックされる記事は、リライトしてより読者が読みやすい記事にすると完璧。

管理人
Googleアナリティクスは高機能すぎてヤバい。

Googleアナリティクスの導入方法は「【入門】Googleアナリティクスの導入・設定手順4ステップ【10分で完了】」にまとめているのでチェックしてみてください。

アドセンスの収入で満足できなくなった場合の収益化の方法

アドセンス + アフィリエイト を実践しましょう。

注意点(4)でも解説しましたが、クリック単価のブレが大きいので収益が安定しなくなりました。

アドセンスより単価の大きいアフィリエイトを取り入れて収益を増やしましょう。

有名どころのASP

上記のASPに登録して、自分のブログで取り扱える案件があるか調べてみましょう。

管理人
アクセスの多い記事にアフィリエイトを取り入れると、収益が爆伸びするのは”あるある”ですよ。

Cocoon(コクーン)のアドセンスでわからないことを解決する件のまとめ

Cocoon

というわけで、「【完璧】ブログのアドセンス広告でわからないことを解決する件」を書いてきました。

この記事で解説した、アドセンスの貼る位置や注意点・便利なツールを理解・実践してもらうと、スムーズに管理・運用ができますよ。

ブログは正しい方向性で作業を積み重ねると、金額の差はあれ『必ず』収入が発生します。

残業で消耗して家族との時間が犠牲になるくらいなら、ブログをがんばりましょう。

アドセンスのことが理解できたら、「【2020年版】ブログで月5万円稼ぐ方法13ステップ【初心者向け】」の手順で記事を作成していくと収益化の仕組みができますよ。

それではー。

管理人
ブログで稼げるようになってください。(頼むぅぅぅ)

人気記事
【2020年版】ブログアフィリエイトで登録必須のASP5社

人気記事
【2020年】月5万円稼ぎたいブロガーのWordPressテーマランキング【初心者向け】

スポンサーリンク
関連記事も多く読まれています!

-ブログ運営術

Copyright© ミハナログ , 2020 All Rights Reserved.