ブログには人生を変えるチカラがある

ミハナログ

記事の書き方

【最低限】ブログ記事の文字数は3,000文字〜5,000文字が目安な件

更新日:

ブログ 記事 文字数

カエル君
「ブログの記事ってどれくらいの文字数を書かないとダメなんだろう?
1,500文字から2,000文字で100記事書いたけど、全然アクセスも伸びないし収益も0円……。毎日がんばって記事を書いているから報われたい。
ブログ記事が評価されるためには1記事あたりどれくらいの文字数が必要なのか教えてください。」

こういう声に参考になる記事を用意しました。
 

この記事では『ブログ記事に必要な文字数と書くための方法』が理解できるので、今後はアクセスが集まりやすい文字数の詰まった記事が書けるようになりますよ。

私は、ブログ歴8年で1,200記事以上書いてきました。

ブログ記事に必要な文字数を理解して実践した結果、

ブログ 記事 文字数

上記の感じで検索1位の記事がたくさんあります。

最初にいっておくと、ブログ型アフィリエイトのプロのなかには、『文字数なんて関係ない!』っていう人もいます。

しかし、初心者さんが、読者にもグーグルにも評価される記事を書くには文字数は重要です。

ブログ記事の文字数で悩んでいる人は最後まで記事を読んでみてください。

管理人
この問題、多くの初心者さんが悩んでいますよねー。

ブログ記事の文字数は3,000文字〜5,000文字が目安な件

ブログ 記事 文字数

結論:ブログ記事で評価されるための目安の文字数は3,000文字〜5,000文字!

ブログ 記事 文字数

結論をいうと、ブログ記事で評価されるための目安の文字数は3,000文字〜5,000文字です。

カエル君
そ・そんなに……。
管理人
これくらいは必要だね。

ブログ記事で評価される目安の文字数が3,000文字〜5,000文字の理由2つ

ブログ 記事 文字数

ブログ記事で評価される目安の文字数が3,000文字〜5,000文字の理由は下記の2つです。

  • 悩みが解決するので読者が満足する
  • ライバルの記事に質で勝てる
カエル君
わかりやすく頼む。
管理人
任せて。

理由(1):悩みが解決するので読者が満足する

ブログの評価は読者の満足度です。

ブログ記事は訪れた読者の滞在時間もSEO評価の一つといわれています。

3,000文字〜5,000文字で書いた記事は、読者がしっかり読み込んでくれるので、自然と読者満足度が上がる記事になります。

管理人
記事滞在時間は当然長い方が満足度が高いと判断できますよね。

理由(2):ライバルの記事に質で勝てる

SEOは相対評価なので、ライバルに質で勝たないと初心者は惨敗します。

ブログ強者は、記事質以外にもドメインパワーだったり被リンクだったりで強みがあるけど、初心者さんにはありません。唯一ライバルに勝てる強みが記事質なのです。

ブログ記事を3,000文字〜5,000文字で適切に書くと、ターゲットの悩みに対する解決方法を深く掘り下げた素敵な記事になります。

要は、記事を掘り下げて書くことこそ、初心者さんがブログ強者たちに勝つ唯一の方法。

管理人
丁寧に記事を書くと自然と文字数は増えますね。

ブログ記事の文字数を3,000文字〜5,000文字書く具体的な方法2ステップ

ブログ 記事 文字数

ブログ記事の文字数を3,000文字〜5,000文字書く具体的な方法は下記の2ステップです。

  • ターゲットの悩みを明確にする
  • 型を使ってターゲットの悩みの解決策を書く
カエル君
俺でもできる?
管理人
できる!

手順(1):ターゲットの悩みを明確にする

記事を深堀りしてボリュームを出すには、ターゲットの悩みを明確にするのは絶対条件。

読者の悩みには、読者のストーリーやそのときの状況があります。

悩みだけでなく、ストーリーや状況がわかることで、解決方法や結論だけでなく、注意点や体験談などを書くことができます。

・読者の悩みが明確ではない → 結論と理由くらいしか書けない

・読者の悩みが明確になっている → 結論と理由+根拠や体験談、他にも注意点やよくある質問も書ける

要は、読者の悩みが明確であればあるほど、同時に読者の背景が明確になるので、記事の質を上げるために必然的に文字数が増え、質が上がります。

管理人
文字数の増加は、読者に必要なことを書いた結果増えるのが大事。

※詳しくは「【集客】ブログターゲットの決め方は3年前の自分を設定すればOKです」にまとめています。

手順(2):型を使ってターゲットの悩みの解決策を書く

型を使うと読みやすい文章になります。

型とは要はテンプレートなので、当てはめるだけでいくらでも深堀りした記事が書けます。
 

関連記事【解決】ブログ型アフィリエイト記事の書き方【型を覚えよう】

管理人
文章術ですね。

秘密の話:初心者さんでも、簡単にブログ集客記事を3,000文字以上書ける完全講義があります

ブログ歴8年の私が、新規で集客記事を書く全過程を、完全23ステップ約15,000文字でまとめました。

有料記事ですが、途中までは無料でして、十分参考になると思うので読んでみてください。

記事マニュアル【完全】マネするだけで3,000文字超えのブログ型アフィリエイト記事が簡単に仕上がる書き方講義

体験談:ブログ記事の文字数に関する勘違いで失敗した話

ブログ記事の文字数に関する勘違いで失敗した話を紹介します。

反面教師にしてください。

(1):3,000文字前後書いていれば評価されると思っていた

初心者時代の私は3,000文字書くのもかなり苦労していたので、3,000文字は十分な文字数だと思っていました。

しかし、3,000文字代だと検索20位〜30位くらいが多いです。

「なんでいつも順位が上位にならないんだろ……?」って思って悶々していたのですが、要は記事の質がまだまだ低いんですよね……。

結局、3,000文字は最低限で、3,000文字〜5,000文字くらい、場合によっては6,000文字くらいでようやく質が確保できる記事になることに随分あとになって気がつきました。

管理人
3,000文字前後だと1位はキツイ。

ブログの文字数を気にして記事を書く際の注意点3つ

ブログ 記事 文字数

ブログの文字数を気にして記事を書く際の注意点は下記の3つです。

  • 1キーワード1記事を守ったうえで文字数を気にする
  • 1つの文章は短く、見出し内の文字数も少なくする
  • 文字数が多くても読みやすい記事にする
カエル君
気になる。
管理人
解説するよー。

注意(1):1キーワード1記事を守ったうえで文字数を気にする

1KW=1テーマを守らないで文字数だけを増やしても意味なし。

グーグルは1KWを深堀りしないで、話があちらこちらにズレる記事を嫌います……。そういう記事は意味不明な内容なので読者も嫌います。

管理人
KWとズレて文字数が増えても評価されることはない。

備考:文字数が多くなるけど評価されない失敗とは?

初心者さんにありがちな、「ちなみに○○は〜」って感じで、自分が書きたいだけの、KWと関係ない会話をぶっこんでくるケース。

『ちなみに〜』というフレーズでてきたら話がズレていないか注意しましょう。

カエル君
押忍。

注意(2):1つの文章は短く、見出し内の文字数も少なくする

1つの文章、見出し内は必要なことだけを書くのが大事。

見出し内の文字数は少なくても、全体の文字数は3,000文字〜5,000文字にすると内容が深くても読者の悩みが解決する記事になります。

「見出し内の文字数を少なくして、かつ、全体を3,000文字以上なんて書けない……。」って思うかもしれませんが、勉強したらイケますよー。

管理人
型を使う。

注意(3):文字数が多くても読みやすい記事にする

読みやすさは読者のために大事。

読みやすい文章を書くコツは下記。

具体的には

  • 箇条書きを使う
  • 吹き出しを使う
  • テーブルや表を使う

読みにくいだけの記事は読者が即離脱するので、読者にもGoogleにも評価されないです。

管理人
なるべく箇条書きを使うのがオススメ。

ブログ記事の文字数に関するよくある質問3つ

ブログ 記事 文字数

ブログ記事の文字数に関するよくある質問は下記の3つです。

  • 長文が評価されている気がするけど?
  • 短い文章でも読者にとって価値があれば評価されるって聞くけど?
  • そうとう頑張って3,000文字で、それ以上書けないのですが?
カエル君
これは俺も聞いたことあるぞ。
管理人
きちんと解説するね。

質問(1):長文が評価されている気がするけど?

長文だから評価されているのではなくて、質が高く読者満足度の高い記事が結果的に長文だったということです。

読者に必要な内容を積み重ねて書いていくと、自然と長文になります。
 

関連記事【事実】ブログで長文が書けない人は収益化が難しい件

管理人
読者が「あーーー、なるほどね。」って唸る記事が質の高い記事です。

質問(2):短い文章でも読者にとって価値があれば評価されるって聞くけど?

理屈はそうですが真に受けてはいけません……。

2022年時点で、ライバルがある程度のKWは抑えてしまっているので、短い文章で読者が満足するようなものはありません。

もしかしたらあるかもだけど、無いと思った方がいい。

結局は、『短い文章でも読者にとって価値があれば評価されるって話』は真に受けずに、きちんと読者の悩みに深堀りした記事を書きましょう。

管理人
ブログ記事は質重視で3,000文字〜5,000文字以上書くのが1番。

質問(3):そうとう頑張って3,000文字で、それ以上書けないのですが?

最初は3,000文字前後で記事を仕上げておき、しばらく放置。そして後日リライトで追記して文字数を増やせばOK。

記事は1回で仕上げないといけない決まりなんてありません。

日を開けて何度も追記することで、質が高く、かつ読みやすい記事が完成します。

管理人
リライトは文字数を増やす武器。

備考:ブログ記事に関する基礎知識をまとめました

ブログ記事に関する基礎知識を総合的にまとめているので、

「実はブログ記事に関してよくわかっていない部分があるんだよね……。」

って人は読んでおくといいです。

関連記事【まとめ】初心者が知っておきたいブログ記事の基礎知識

【まとめ】初心者が知っておきたいブログ記事の基礎知識

カエル君「ブログ記事の書き方ってどうすればいいんだろう? 我流で記事を書いてきたけど全然伸びなくて書くのが辛い……。勉強不足すぎる。 ブログ記事に関する基礎知識をガーーーっと教えてください。」 こういう声に参考になる記事を用意しました。 & ...

カエル君
読むぞー。

まとめ:さぁ、ブログ記事の文字数を3,000文字〜5,000文字で書いてみよう!

ブログ 記事 文字数

というわけで、「【集客】ブログ記事で必要な文字数は3,000文字以上な件【アクセスを集めよう】」を書いてきました。

繰り返し結論をいうと、収益化を考えてアクセスを伸ばしたいなら、1記事あたり3,000文字〜5,000文字の記事を書きましょう。

この記事で解説した、『ブログ記事を3,000文字〜5,000文字書く具体的な方法・手順2ステップ』を理解・実践してもらうと、今後はアクセスが集まりやすい文字数の詰まった記事が書けるようになりますよ。

もう1度確認しましょう。

・手順(1):ターゲットの悩みを明確にする

・手順(2):型を使ってターゲットの悩みの解決策を深堀りして書く

ブログは正しい方向性で作業を積み重ねると、金額の差はあれ『必ず』収入が発生します。

大事な人と幸せになるためにも、ブログをがんばりましょう。

それではー。

管理人
ブログで稼げるようになってください。(頼むぅぅぅ)
 

ところで、アナタはブログで収益化するための過程を知っていますか?
下記で手順ごとに並べているのでチェックしてみてください。

 

 

最後にプレゼントのお知らせです!

【今すぐ読める無料限定記事】

ブログ型アフィリエイトでは
収益記事としてレビュー記事を書くのがオススメですが
』と『テクニック』を使うと発生率が鬼上がりします。

12,000文字以上で
有料級の情報を無料でまとめました。

「マネしたら次の日に発生した!」
「解説通りに記事を作成したら1週間で結果が出た」

などの口コミをもらいました。

ぜひアナタのブログに役立てください。
今のうちに手に入れてください。

スポンサーリンク
関連記事も多く読まれています!

-記事の書き方

Copyright© ミハナログ , 2023 All Rights Reserved.