ブログには人生を変えるチカラがある

ミハナログ

ブログの始め方

【事実】ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事な件

更新日:

ブログ 稼ぐ ジャンル

カエル君
「ブログのジャンル選びって大事なの?
特化ブログを始めるんだけど、稼ぐためのジャンル選びの重要性もコツも何もわかってない……。
ブログで稼ぐためのジャンル選びに関する重要性を教えてください。」

こういう声に参考になる記事を用意しました。
 

この記事では『ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事』ということを解説していきます。

記事の内容を理解・実践してもらうと、ブログのジャンル選びが前に進みますよ。

私はブログ歴8年。

最初にいっておくと、思いつきのジャンル選びで成功している人もまぁまぁ存在します。

しかし、一方でブログをやって稼げない原因の多くがジャンル選びの失敗です。

ブログのジャンル選びの重要性を理解したい人は最後まで記事を読んでみてください。

管理人
実は大事なジャンル選びです。

ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事な件

結論:ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事!

ブログ 稼ぐ ジャンル

結論をいうと、ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事です。

カエル君
オレの場合も?
管理人
YES!

ブログで稼ぐためにはジャンル選びが大事な理由

ブログ 稼ぐ ジャンル

理由は簡単で、ジャンル選びで稼げるか稼げないかの9割くらいが決まるから……。

ぶっちゃけ、ジャンル選びでミスをすると、他のスキルでカバーができず1からやり直しになります。

具体的には

  • ジャンル選びを失敗する → スキルがあっても稼げない、1からやり直し
  • ジャンル選びを正しくする → スキル次第で稼げる

ジャンル選びのミスをすると、記事は書けないし、記事を書いていてもつまらないし、売るものがないしで遅かれ早かれ挫折になるんです。
 

関連記事【絶対】ブログは稼げないジャンルを選ぶと地獄な件【正しく選ぼう】

管理人
想像の3倍は真剣にジャンルを選んだ方がいい。

ブログで稼ぐことを夢みてジャンルを転々とした失敗例3つ

ブログ 稼ぐ ジャンル

えーーー、私は過去にジャンルが落ち着かず、迷走に迷走を重ね、時間を浪費しまくった過去があります。

具体的には18ブログで挫折をしているのですが、書ききれないので3つだけ紹介します。

例(1):初ブログのプロテインジャンル

3記事で挫折しました……。

理由は簡単で、プロテインの知識が1ミリもなかったから……。

当時、『自分がダイエットの時に飲んでいた』という理由だけで選んだのですが、知識がないので記事が書けませんでした。

繰り返します、3記事で挫折しました。

管理人
自分が詳しくないジャンルは失敗しかないですね。

例(2):単価が安かった引っ越しジャンル

稼げるといわれて参入したけど単価が安すぎて稼げる未来がみえませんでした。

1発生で1,600円……。

月に1件か2件発生するのですが、1,600円×1件(2件)だと1,600円(3,200円)です。

あと記事も書き方を知らなかったし、キーワード攻略も知らなかったので、我流で100記事ほどいれて挫折しました。

管理人
案件単価の重要性が身にしみました。

例(3):興味なかったけど儲かるらしいということで決めた青汁ジャンル

青汁に興味はなかったけど、飲みながらレビューしたらイケるかなと参入しました。

健康食品系は稼ぎやすいという口コミを聞いて決めた記憶があります。
 

私:「実際に飲みながらだと記事が書きやすいハズ。」

サクサクと記事が書け、ポツポツ収益も発生していました。

がしかし、2019年におきたアプデで検索順位が叩き落とされ、戻ってくることはありませんでした……。(健康アプデでは落ちなかったのに)

YMYLはもう手を出してはいけないジャンルになった瞬間です。

管理人
Twitterではブロガーの悲鳴にあふれていました。

ブログで稼ぐためのジャンル選びで上手くいった具体例2つ

ブログで稼ぐためにジャンル選びをしてきて上手くいった具体例を2つ紹介します。

  • 6年間毎日記事を書いていたブログ運営ジャンル
  • 一生の趣味にしようと決めた旅行ジャンル
カエル君
具体例はうれしい。
管理人
暴露する。

例(1):6年間毎日記事を書いていたブログ運営ジャンル

今アナタが読んでいるこのブログ『ミハナログ』です。

ブログを始めて20ブログ目で、ようやくずーーーっと続けよう&続けられると思えたジャンルに出会えました。

キッカケは大好きだっとアフィンガー5のレビュー記事で1位になったことでした。
 

私:「意外と戦えるかもしれん……。」

私:「最初はキツイかもだけど、一生記事を入れ続けたらイケるのでは……?」

猛者しかいない激戦ジャンルなので、参戦することはないと思っていましたが、ブログが大好きだと気がついたので、思い切って参入することにしました。

本当に本当に本当にキツイジャンルですが、気がついたら月6桁を達成できたのです。

備考:読者の反応が自信になる

やっぱり、自分が好きなジャンルで体験談をバンバン紹介し、愛してやまない案件を推していけば、読者に響くんですよね。

具体的には

  • 「ミハナさんがキッカケでブログをはじめました」
  • 「ミハナさんのアドバイスで収益がでました」

うれしいーーーーー。

やっぱり、誰かに感謝される仕事っていいもの。成功事例です。(うれしい)

管理人
ずーーーっと記事を入れて、リライトし続ける覚悟。

例(2):一生の趣味にしようと決めた旅行ジャンル

旅行ジャンルでは目標だった月5万円を達成しました。

クレジットカード』が目標5万円のうち8割くらいをしめていました。

具体的には

  • 旅行をする → レビュー記事を書く
  • クレジットカードの知識を増やす → 商標記事を書く

上記2つの記事でアクセスと収益が少しずつ増えていくのが楽しかったですね。
 

とはいえ、月に5万円以上は私のスキルでは伸ばせずジャンルを変更したのは内緒の話……(苦笑)。

あと、案件終了とコロナで業界が止まって、収益は消えましたが一応、自分の大好きなジャンルを選んて目標収益を達成したという意味では、上手くいった具体例として紹介してもいいかなと感じています。

管理人
旅行好きにとって旅ジャンルは趣味と実益を兼ねていました。

ブログで稼ぐために失敗しないジャンルの決め方・選び方5ステップ

ブログ 稼ぐ ジャンル

ブログで稼ぐために失敗しないジャンルの決め方・選び方は下記の5ステップです。

  1. 自分が3年以上たずさわったものを書き出す
  2. 熱い気持ちで記事が書けそうかイメージする
  3. どんな人にどうなってほしいかをイメージする
  4. アフィリエイト案件を確認する
  5. 参入するアフィリエイトジャンルを決定する
カエル君
わかりやすく解説を頼む。
管理人
任せて。

手順(1):自分が3年以上たずさわったものを書き出す

ジャンル選び最大のポイント。

たとえば……

  • 自分がずっと続けている趣味(例 → 食べ歩き せんべろ 旅 ブログ)
  • 自分がやってきた仕事(例 → 人事 営業 管理マネジメント)
  • 過去に何度も相談されたこと(例 → 節約 ポイント)

まずはツラツラと自分に関わるジャンルを棚卸しすることで、参入するジャンルの候補を一覧化します。

関連記事【選定】特化型ブログで稼げるジャンルの決め方・選び方

管理人
上記の例は私が実際にやったものです。

手順(2):熱い気持ちで記事が書けそうかイメージする

『ずーーーっと』熱い気持ちを持ち続けられることが判断ポイント。

たとえば……

●自分がずっと続けている趣味
・食べ歩き → 書ける
・せんべろ → 書ける
・旅  → すごーーーく書ける
・ブログ → 自分が過去に1番情熱を傾けた、いくらでも書ける
 

●自分がやってきた仕事
・人事 → 書ける
・営業 → 営業はあまり好きではないので無理……
・管理マネジメント → 書ける
 

●過去に何度も相談されたこと
・節約 → 書ける
・ポイント → 書ける

ポイントは情熱度合いです。

管理人
思いつくままに判断してみましょう。

手順(3):どんな人にどうなってほしいかをイメージする

想定読者とコンセプト設計ですね。

たとえば……

●どんな人に(ターゲット) →
・会社の給料しかなくて消耗している人に
 

●どうなってほしいか(コンセプト)→
・儲けの仕組みを手に入れてほしい

上記は、私の場合の『どんな人にどうなってほしいか』です。

ジャンルを決める際はターゲット設定はすごーーーく重要。

管理人
ターゲットとコンセプトがマッチしないと収益が発生しにくいです。

手順(4):アフィリエイト案件を確認する

ジャンルを決める段階で実践するのが大事。

具体的には

・案件数が多い → マネタイズがラク
・案件数が少ない → マネタイズ設計に工夫が必要
 

・報酬額が高い → 月3万円稼ぐ目標が現実的になる
・報酬額が低い → 工夫をしないと月3万円は厳しい

なるべく、『単価が高くて』『有名な案件で』『人気な案件を』選ぶのが大事。

関連記事【稼ぐ】失敗しないアフィリエイト案件の探し方・選び方

管理人
案件選びもジャンル選びの際の重要なポイント。

登録するべき無料のASP

ブログ収益を狙うなら、ASPに登録してアフィエイトする必要があります。

初期設定の時点でASPに登録して、どんな案件があるか色々みて見ましょう。

有名どころのASP



上記に登録すれば問題なし。

とくに A8.net (案件多い)と もしもアフィリエイト (単価高い)は必須。


「面倒くさいから後日でもいいじゃん……。」っていう意見もありますが、ASPに登録して案件を探しながら参入ジャンルを決めていくので、初期設定の時点で必要ですよ。


稼いでいるブロガー・アフィリエイターはほぼ確実に登録しています。

管理人
ASPの登録まで一気に終わらせるのが、初期設定を簡単に終わらせるコツ。

手順(5):参入するアフィリエイトジャンルを決定する

ここまで過程を全部総合して決めましょう。

好きでやっているジャンルがやっぱり続けられるので強いですよ。

管理人
ジャンル決め完了、お疲れさまでした。

ブログのジャンルを稼ぐ目的で決める際の注意点2つ

ブログ 稼ぐ ジャンル

ブログのジャンルを稼ぐ目的で決める際の注意点は下記の2つです。

  • 記事が書けそうという理由で選ばない
  • 稼げるといわれるジャンルを選ばない
カエル君
気をつけないとヤバい?
管理人
ヤバい。

注意(1):記事が書けそうという理由で選ばない

記事が書けそう……? 書けません。

「オレでも記事が書けそうなジャンルかな……?」と思っても、中途半端な経験では実際にやってみると書けません。

管理人
記事が書けそうなジャンルより、自分がハマったジャンル。

注意(2):稼げるといわれるジャンルを選ばない

稼げるといわれるジャンル=アナタが稼げるジャンルではない……。

ライバルが強すぎることが多いので、初心者個人ブロガーではすごーーーく厳しいです。

管理人
稼げるジャンルより自分がハマったジャンルの方が強い。

ブログで稼ぐために選んではいけないジャンル2つ

ブログ 稼ぐ ジャンル

ブログで稼ぐために選んではいけないジャンルは下記の2つです。

  • YMYLジャンル
  • 大手企業が参入しているジャンル
カエル君
気になる……。
管理人
選んだらダメだよー。

(1):YMYLジャンル

個人ブロガーがYMYLジャンルをやっても評価されません。

超有名アフィリエイターの『クレジットカードの読み物』さんも下記のようにTweetしています。

圧倒的な実績のある、クレジットカードの読み物さんが実際にYMYLの厳しさを体感しているので説得力がありますね。

管理人
YMYL……?ガクブル……。

(2):大手企業が参入しているジャンル

大手企業は圧倒的な記事数の暴力で勝負してくるので、個人では太刀打ちできないです。

検索上位が大手企業で埋めつくされているジャンルはダメ、危険……。

管理人
強者には逆らわない。

まとめ:さぁ、ブログで稼ぐためにジャンル選びを大事にしよう!

ブログ 稼ぐ ジャンル

というわけで、「【事実】ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事な件」を書いてきました。

結論を繰り返すと、ブログで稼ぐためにはジャンル選びがめちゃくちゃ大事です。

この記事で解説した『ブログで稼ぐために失敗しないジャンルの決め方・選び方5ステップ』を理解・実践してもらうと、ブログのジャンル選びが前に進みますよ。

もう1度確認しましょう。

ジャンルの決め方

  • 自分が3年以上たずさわったものを書き出す
  • 熱い気持ちで記事が書けそうかイメージする
  • どんな人にどうなってほしいかをイメージする
  • アフィリエイト案件を確認する
  • 参入するアフィリエイトジャンルを決定する

ブログは正しい方向性で作業を積み重ねると、金額の差はあれ『必ず』収入が発生します。

大事な人と幸せになるためにも、ブログをがんばりましょう。

それではー。

管理人
ブログで稼げるようになってください。(頼むぅぅぅ)
 

ところで、アナタはブログで収益化するための過程を知っていますか?
下記で手順ごとに並べているのでチェックしてみてください。

 

 

最後にプレゼントのお知らせです!

【今すぐ読める無料限定記事】

ブログ型アフィリエイトでは
収益記事としてレビュー記事を書くのがオススメですが
』と『テクニック』を使うと発生率が鬼上がりします。

12,000文字以上で
有料級の情報を無料でまとめました。

「マネしたら次の日に発生した!」
「解説通りに記事を作成したら1週間で結果が出た」

などの口コミをもらいました。

ぜひアナタのブログに役立てください。
今のうちに手に入れてください。

スポンサーリンク
関連記事も多く読まれています!

-ブログの始め方

Copyright© ミハナログ , 2023 All Rights Reserved.